a0002_004326
運転中に事故を起こしたとき、責任はほとんどの場合、運転者にあります。例えば、同乗者がシートベルトをしていない場合などで、運転者がシートベルトの着用を促していなかったり、何らかの事情がある場合を除き、チャイルドシートを装着せずに乳幼児を乗車させることを黙認したときなど、直接違反したわけではないものの、運転者は本来しなければならない義務を怠ったということで罪に問われることがあります。また、運転者の過失で対人や対物事故、衝突などをしたときにも、自分が運転する車両が完全に止まっていた場合を除いて、損害賠償の必要が生じてきます。自動車同士の衝突の場合、上記のように完全に停車していた車両への追突を除いては、過失割合を判断したうえで、それぞれの運転者に対して損害賠償の必要が生じます。ガリバーで車査定 評判は?
もちろん、過失割合の大きい側が、相手側の過失部分を相殺して支払うという形にはなるのですが、それでも運転者や同乗者の怪我の状態や車両の損壊状態によっては、かなりの費用負担が発生することになります。自分が安全運転を心がけていても、事故に巻き込まれることはありえますので、自動車保険にはきちんと加入しておいたほうが良いでしょう。